ボーナスを活用する際に気を付けるべきこと

著者:atlaskitapcilik

ボーナスを活用する際に気を付けるべきこと

オンラインカジノとボーナスについて

世界中で人気となっているオンラインカジノですが、実は他のギャンブルにはない「ボーナス」というシステムが存在します。
こちらのボーナスとは、その名の通り設定されているある条件を達成すればもらえる無料のチップやキャッシュのことをいいます。
オンラインカジノでもらえるボーナスは、サイトごとに貰える条件や配布の方法などが異なっています。

ここではそんなオンラインカジノに存在しているボーナスの種類や、ボーナスを貰うために達成しなければならない条件などについて詳しくみていきましょう。

オンラインカジノのボーナスの種類とは?

オンラインカジノのボーナスについてですが、ボーナスは大抵のカジノに用意されています。

大きく分けると3つのボーナスがあります。
まずは、ウェルカムボーナスといって、初回登録の際に受け取ることが出来るボーナスがあります。
これは、どのカジノでも設定されています。

次に入金ボーナスがあります。
これはオンラインカジノへと一定の金額を入金することで、受け取ることが出来るボーナスになります。

最後にイベントボーナスがあります。
これは、オンラインカジノによって異なりますが、イベントで用意されているもので、マンスリーボーナスや、誕生日ボーナス、友達紹介ボーナスなどになります。
久しぶりにプレイをする際には、復活ボーナスを受け取ることもできたりするケースもあります。

ボーナスが配布される頻度についてですが、こちらも、オンラインカジノによって異なっています。
場合によっては、毎日のようにボーナスを配布しているカジノも存在しています。
なお、期限を超えてしまうと、ボーナスが消えてしまうことになりますので、くれぐれも注意をしましょう。

ボーナスと出金条件について

このように、オンラインカジノには多くのボーナスが設定されていて、お得に遊ぶことが出来ます。
ただし、気をつけなければならないことがあります。
それが、ボーナスを出金するための条件「ボーナス条件」です。

ボーナスは、ただ無料のチップなどがもらえるというだけではありません。
そんなことをすると、オンラインカジノ側が赤字になってしまいますので、当然ながら受け取るための条件が設定されているのです。

ボーナスは通常、自分が入金した現金とは別の枠にカウントされていて、貰ったボーナスを出金するためには定められた「ボーナス条件」をクリアする必要があり、条件をクリアしないことには出金できないというシステムになっています。
たとえば、「初回入金ボーナス」の場合などについては、初回入金した金額とボーナス分の30倍を賭けるなどといった条件が定められていることが多いです。
ただし、これらは累計の計算になっていますので、一度で大金を賭ける必要はありません。

そしてオンラインカジノによっては、ボーナスの進捗状況を画面で確認できるようになっています。
ボーナス条件についてはオンラインカジノによって異なりますので、なるべくボーナス条件が低く設定されている方がお得になります。
それぞれのボーナス条件は、オンラインカジノのサイトでチェックすることが出来ます。

ボーナスで気をつけることとは?

このように、ボーナスはボーナス条件というのを達成する必要があるのですが、そのために覚えておくルールとして、「除外ゲーム」と「禁止ゲーム」があります。
除外ゲームというのは、賭けた金額がボーナス条件にカウントされないゲームのことをいいます。
また、禁止ゲームは除外ゲームがより厳しくなったもので、カウントされないのはもちろんですが、ボーナス条件を満たす前にプレイするとボーナスや勝利金を没収されたり、アカウントを凍結されてしまうものになります。

殆どの場合、こういった除外ゲームや禁止ゲームは、ハウスエッジが低いゲームになっていて、オンラインカジノ側が損をしてしまう可能性が高いものです。
よってプレイをしてしまうと厳しいペナルティがありますので、注意をするようにしましょう。
事前に禁止ゲームや除外ゲームをチェックしておくことで、間違って遊んでしまうことを防ぐことが出来ます。

ボーナスアビューザー認定に注意を

オンラインカジノでは、正しく遊んでいたとしてもボーナスアビューザーとしてみなされてしまうことがあります。
これは「ボーナス乱用者」のことをいい、獲得したマネーが没収されてしまったり、アカウント凍結となってしまうこともあります。

オンラインカジノでボーナス目的にプレイをしたり、ボーナスの獲得出来るチャンスの際にしか遊ばない、複数アカウントでオンラインカジノで遊ぶなどを繰り返していると、このようにペナルティが課されてしまいます。
自分ではそのような意志はなくても、認定されてしまうこともあるので、注意が必要です。

著者について

atlaskitapcilik administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。